ブラッディ・シーザー(Bloody Caesar)のレシピ・作り方

ブラッディ・シーザーを飲もう。

ブラッディ・シーザー

オススメの飲み方・シーン

ロング・ドリンク
オール・デイ
タンブラー

アルコール度数

11°

  • 甘口
  • 中甘口
  • 中口
  • 中辛口
  • 辛口

ブラッディー・シーザーはウォッカ・ベースのロング・カクテルです。単にシーザーとも呼ばれます。

ブラッディー・メアリーの兄妹版といえるカクテルで、ブラッディー・メアリーの材料のトマト・ジュースをクラマト・ジュースに変えたものです。クラマト・ジュースとはクラム(=ハマグリ)のエキスが入ったトマト・ジュースです。ハマグリには飲酒した際の肝臓のアルコール分解を手助けするアラニンという成分が含まれており、ブラッディー・メアリー以上に二日酔いに効くことが期待できそうです。

ブラッディー・メアリーと同様に塩、コショウ、ウスターソース、タバスコなどを1〜2ダッシュ程度ずつ振りかけてもよいです。

なお、名前のシーザーとは古代ローマを治めたジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)から取ったものです。シーザーは側近達に全身を刺されて暗殺されたことで知られており、その血まみれのイメージとこのカクテルの色味から着想したものと思われます。

ブラッディ・シーザーの材料

#ウォッカ
  • ウォッカ  45ml
  • クラマト・ジュース  適量
  • カット・レモン  お好みで飾る
  • セロリ  1本をお好みで飾る
  • 氷  

ブラッディ・シーザーの作り方

ビルド
  1. 氷を入れたグラスにウォッカを注ぐ。
  2. 冷えたクラマト・ジュースで満たして軽くステアする。
  3. お好みでレモン・スライス(またはカット・レモン)を飾る。またお好みでマドラーを添えるか、マドラーの代わりにセロリ・スティックを飾る。

ブラッディ・シーザーのエピソード

ウォッカにトマトとクラムのエキスを混ぜた飲み物は、それが「ブラッディー・シーザー」として世の中に広まるより前から存在していたとされています。

まずは1953年、アメリカのマンハッタンのポロネーズ(Polonaise)というナイトクラブで提供されていた「スミノフ・スマイラー(Smirnoff Smiler)」という飲み物が記録に残っています。ウォッカにトマトとクラムのジュースを加え、数ダッシュのウースターソースで調味されたものでした。

そして1962年、アメリカのダラスのベイカー・ホテル(Baker Hodel)のバー・マネージャーのカール・ラ・マルカ氏(Carl La Marca)が「スミノフ・スマイラー」にバジルとライムを数ダッシュ加えて「インペリアル・クラム・ディガー(Imperial Clam Digger)」と名付けました。

さらに1968年から1969年にかけて、カナダの酒造メーカーのシーグラム社とクラマト・ジュースを製造しているモッツ社とがタッグを組んで、ウォッカとクラマト・ジュースを使ったカクテルを「クラムディガー(Clamdigger)」と名付けてこの宣伝に力を入れていました。

 

「ブラッディー・シーザー」が誕生したのは1969年で、カナダのカルガリーにあるカルガリー・イン「Calgary Inn」のレストラン・マネージャーのウォルター・チェル氏(Walter Chell)によって考案、命名されました。チェル氏はイタリアのベニスでトマトソースとクラムの入ったヴォンゴレ・スパゲッティ出されていたことに着想を得て、クラムをすり潰して作ったネクターを使って3ヶ月かけてこのドリンクを完成させました。ブラッディー・メアリーと似ているものの、それと区別するためにインスピレーションを得たイタリアにちなんでブラッディー・シーザーと名付けたようです。

前述のとおり類似のカクテルは既に存在していましたが、ブラッディー・シーザーが大変な人気を集めてカルガリーから広まってゆきました。ちょうどこの頃モッツ社が売り出したクラマト・ジュースは当初は売り上げ低迷しましたが、ブラッディー・シーザーの人気によってのクラマトの売り上げが伸びる結果となりました。カナダではブラッディー・シーザーが最も人気のあるカクテルだとも言われています。