ギムレット(Gimlet)のレシピ・作り方

ギムレットを飲もう。

ギムレット

オススメの飲み方・シーン

ショート・ドリンク
オール・デイ
カクテル・グラス

アルコール度数

28°

  • 甘口
  • 中甘口
  • 中口
  • 中辛口
  • 辛口

ギムレットはドライ・ジンベースのショート・カクテルです。

ギムレットという言葉には大工道具で使う「錐(きり)」や「鋭いもの」「突き刺すもの」という意味があり、シンプルかつ切れ味の鋭い味わいからこう名付けられたと考えられています。

また一説には19世紀末にイギリス海軍の軍医だったサー・トーマス・ギムレット少将が長い航海でのビタミンC不足で起きる壊血病の予防のために考えたレシピであることから、彼の名前をとってギムレットと名付けられたと言われています。

オン・ザ・ロックス・スタイルにすると「ジン・ライム」になります。

ギムレットの材料

#ジン
  • ドライ・ジン  45ml
  • コーディアルライム・ジュース  15ml
  • 氷  (シェーク時に使う)

ギムレットの作り方

シェーク

材料をシェークしてカクテルグラスに入れる。

コーディアル・ライムジュースの代わりにフレッシュ・ライム・ジュースを使う場合はシュガー・シロップを1ティー・スプーン加える。

ギムレットのエピソード

アメリカの小説家レイモンド・チャンドラーの人気ハードボイルド小説「The Long Goodbye(長いお別れ)」(1953年出版)に登場する名台詞「ギムレットには早すぎるね」が知られており、この作品がきっかけでギムレットの人気が広まったそうです。この小説ではジンとライム・ジュースが半々のより甘いレシピとなっています。