ジン・トニック(Gin Tonic)のレシピ・作り方

ジン・トニックを飲もう。

ジン・トニック

オススメの飲み方・シーン

ロング・ドリンク
オール・デイ
アフター・ディナー
タンブラー

アルコール度数

12°

  • 甘口
  • 中甘口
  • 中口
  • 中辛口
  • 辛口

ジン・トニックはドライ・ジン・ベースのロング・カクテルです。

トニック・ウォーターの半分をソーダ水にすると「ジン・ソニック」になります。

19世紀初め頃、イギリスの植民地だったインドでイギリス人将校たちが飲んでいたものが、世界中に広まりました。当初はインドをはじめとする熱帯地域で人々を困らせていた感染症のマラリアの治療薬だったキニーネを混ぜた水(トニック・ウォーター)に、ジン、ライム、砂糖を混ぜたものでした。キニーネは強い苦味がありましたが、ジン・トニックにすることで飲みやすく人気を集めました。

現在、キニーネは抗マラリア薬として使われなくなり、トニック・ウォーターのキニーネ含有量もほとんどないか全くないものが主流となっており、ジン・トニックも昔より苦味が少なくなっています。

ジン・トニックの材料

#ジン
  • ドライ・ジン  45ml
  • トニック・ウォーター  残部
  • 氷  
  • レモン・スライス  1枚
    ※ライム・スライスを使っても良い

ジン・トニックの作り方

ビルド
  1. 材料をタンブラーに入れ、氷を加え、トニック・ウォーターで満たし軽く混ぜあわせる。
  2. レモン・スライスを飾る。

氷を入れたグラスにドライ・ジンを注いでカットライム(またはレモン)をしぼり入れ、冷えたトニック・ウォーターで満たして軽くステアする。

氷を入れたタンブラーにジンを注ぎ、冷やしたトニック・ウォーターで満たして軽くステアする。ライムまたはレモンを飾る。