シンガポール・スリング(Singapore Sling)のレシピ・作り方

シンガポール・スリングを飲もう。

シンガポール・スリング

オススメの飲み方・シーン

ロング・ドリンク
オール・デイ
タンブラー

アルコール度数

17°

  • 甘口
  • 中甘口
  • 中口
  • 中辛口
  • 辛口

シンガポール・スリングはドライ・ジン・ベースのロング・カクテルで、スリング・スタイルの代表的なカクテルです。

スリングとはスピリッツ(蒸留酒)にレモン・ジュースと好みによりシロップなどの甘味を加え、水やソーダ水やジンジャーエールまたはお湯などで割る飲み方で、ドイツ語で「飲み込む」を意味する schlingen が訛ったものと言われています。

1915年にシンガポールのラッフルズ・ホテルのバーテンダーだった厳崇文(Ngiam Tong Boon:イエン・チュンウェン)氏が考案したとされていますが、そのレシピは現在シンガポール・スリングとして知られているレシピと異なりました。またカクテル自体の人気はありませんでした。このカクテルが世界的に広まったのは、ロンドンのサヴォイ・ホテルのバーテンダーだったハリー・クラドック氏がレシピをシンプルにして「サヴォイ・カクテルブック」に掲載したことによるものと言われています。

レシピ集によって使用する材料の分量が様々で、このページで紹介しているレシピは一例です。

シンガポール・スリングの材料

#ジン
  • ドライ・ジン  40ml
  • チェリー・ブランデー  20ml
  • レモン・ジュース  20ml(約1/2個分)
  • 氷  
  • ソーダ(炭酸水)  適量
  • レモン・スライス  お好みで飾る
    ※オレンジ・スライスを使っても良い
  • マラスキーノ・チェリー  お好みで飾る

シンガポール・スリングの作り方

スリング シェーク
  1. 氷を入れたタンブラーにソーダ水以外の材料をシェークして注ぐ。
  2. 冷えたソーダ水で満たし軽く混ぜ合わせる。
  3. お好みでレモン・スライスを飾る