ホワイト・レディ・カクテル(White Lady Cocktail)のレシピ・作り方

ホワイト・レディ・カクテルを飲もう。

ホワイト・レディ・カクテル

オススメの飲み方・シーン

ショート・ドリンク
オール・デイ
カクテル・グラス

アルコール度数

28°

  • 甘口
  • 中甘口
  • 中口
  • 中辛口
  • 辛口

ホワイト・レディ・カクテルはドライ・ジン・ベースのショート・カクテルです。単にホワイト・レディと呼ばれることが多いです。

サイドカー・カクテルから派生したカクテルのひとつとされ、サイドカーがブランデー・ベースなのに対しホワイト・レディがジン・ベースなため、ジン・サイドカーとも呼ばれます。

「白い貴婦人」という名に相応しく上品な味わいです。

ホワイト・レディ・カクテルの材料

#ジン

ホワイト・レディ・カクテルの作り方

シェーク

材料をシェークしてカクテル・グラスに注ぐ。

ホワイト・レディ・カクテルのエピソード

ホワイト・レディ・カクテルは1919年にロンドンのシローズ・クラブ(Ciro's Club)のバーテンダーだったハリー・マッケルホーン氏(Harry MacElhone)によって創作されたとされています。

当初はクレーム・ド・メント・ホワイトをベースに使い、コアントローの割合も多いもので、あまり人気がありませんでした。その後、1925年ないし1929年にベースをジンに変えてコアントローの量を減らしたレシピとなったものがサヴォイ・ホテルのバーテンダーだったハリー・クラドック氏(Harry Craddock)が1930年に出版した「サヴォイ・カクテル・ブック」に掲載されたこともあいまって、人気を集めることとなったようです。